About

Our mission

ヒトの心の着火台に火を灯し、社会の新たなエンジンとなる

我が国の少子高齢化は世界でも例のない速度で急速に進んでいます。労働力不足に対する国策としては、人口構造問題を鑑みた税制改革、潜在労働力の活用施策、外国人労働者の受入、先端テクノロジーの活用(ロボット化、AI化)等を急ピッチで取り入れるも、依然として先行き不透明感な状況が続いています。ヒトの可能性、すなわち「生産性」を最大化することで、我が国の構造的な労働力不足を解決に導きたい。これが私たちの想いです。
私たちはリクルートにて事業運営を通じて得た経験から、その解決策となり得るひとつの解を手にしました。
それは「優れた組織は生産性が高い」という事実(ファクト)です。
「優れた組織」に共通していたたったひとつのこと。それは、「ヒトの心に火をつけることができる」多数の個人により牽引されているということでした。
部下や同僚、そして時に上司すらも動機づけすることに長けた多数のリーダーにより牽引される組織下で働く大半の個人は、やる気に満ち溢れ、主体的であるため、生産性がすこぶる高い。私たちはこのような組織を実現できるサービスを創造し、その普及に努めることで、社会のエンジンとなり、我が国の生産性最大化の一翼を担っていきます。

Greeting

ヒトのやる気を引き出し、日本の未来に貢献していく

私はリクルートの求人広告事業を通じ、実に26年もの間、人材マーケットに対峙してきました。求人広告事業は時に「マッチング事業」と称されることもありますが、ブランドや業種、企業規模や勤務条件でヒトと仕事を結びつける、いわゆるリクルーティング(採用)機能だけでなく、働くヒトのパフォーマンス(入社後活躍)までも見据えた「ベストマッチングの実現」を目指し、顧客と共に進化成長してきた背景がその所以でもあります。
当時の私はベストマッチングを他社そして自社組織で実現するために、「ハイパフォーマンスな組織の型づくり」を追求してきましたが、その成功要因は時代の変化やその時々のトレンドを味方につけた組織づくりやマネジメント手法、そしてヒトの機微など、一過性の要素が複雑に交わることで構成されており、その体系化には困難を極めました。最終的には、優れた組織ではなく、それを構成しているひとに向き合い、対話を重ねて行った末に、ある共通の事実(ファクト)の存在に気づくことが出来ました。
それは、優れた組織は例外なく「ヒトの心に火をつけることができる多数の個人により牽引されている」ことでした。
だとしたら、それが何なのか。
私はこれまでに全く前例のないこの難攻不落な事実(ファクト)のサービス化、そしてその普及に努めることこそが、私がさせて頂ける日本への恩返しであると考え、これを人生最後の仕事にする覚悟でこの会社を興しました。
私たちは、ヒトの心の着火台に火を灯すサービスを開発し、クライアントの皆様と共にその普及に努めることで、新たな社会のエンジンとなることを目指して参ります。

pic_1

代表取締役 上林 時久

Company profile

株式会社テガラミル
〒100-0002 東京都千代田区有楽町2-2-1 X-PRESS有楽町3階
設   立  2013年4月8日
事業内容  離職防止ソフトウェアの開発・販売・コンサルティング、採用プロセス最適化、人事コンサルティング、人事業務支援
代表取締役 上林 時久

株式会社テガラミルは、第3のオリンピック、知的障がい者をスポーツ活動を通じて自立支援する、スペシャルオリンピックス日本・東京のオフィシャルスポンサーになりました